画像部会の紹介

 画像部会では,「最新の医用画像のイメージングや画質評価法,画像処理および解析,画像認識やコンピュータ支援診断(CAD)など」の技術や手法の向上と臨床現場へのフィードバックを目的として活動しています.
 対象となるモダリティは,CRやフラットパネルディテクタによるディジタルラジオグラフィ,増感紙フィルム系によるX線撮影系からCT,MRI,US,核医学画像に至るまで,すべての医用画像を対象としています. 本部会では,春と秋の日本放射線技術学会学術大会において,話題性があり学術的価値の高い教育講演会を企画し,その後にシンポジウムなどを開催しています.また,医用画像プログラミングセミナー,DRセミナー,ROCセミナー,臨床画像評価セミナーを開催し,研究の普及を図っています.このほか,Metz’s ROC Software Users Groupによって,ROC解析の最新情報を提供しています.
 これらの内容は,毎回,学術大会の前にお届けしている部会誌「画像通信」(学術雑誌ISSNコード付)に掲載していますので,画像部会の会員になれば事前に最新の情報を知ることができます.それ以外にも,「画像通信」は,注目されている技術の紹介,文献の紹介,研究室の紹介,国際会議の報告など,内容が非常に盛りだくさんです. この機会に,ぜひ画像部会に入会して下さい.また,周りに画像部会の活動に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら,ぜひとも画像部会にお誘い下さい.

【入会方法】 こちらをご覧ください.