DRセミナー

第20回DR(ディジタルラジオグラフィ)セミナー

教育委員会,画像部会,関東支部

 画像部会では、ディジタルX線画像システムの物理評価における知識と技術の理解・習得を目的にDRセミナーを開催しております。本セミナーでは検出器の入出力特性、解像特性、ノイズ特性、そしてこれらを総合した検出量子効率であるDQEについて学んでいただくことができます。
 新しいシステムを導入した際、撮影線量の設定に窮することがあります。このようなとき、新旧システムのDQE比から必要線量比を概算することが可能となります。また、DQEは医療における線量と画質の最適化に欠かすことのできない評価項目のひとつになります。
 今年度のDRセミナーを下記の概要で開催いたします。多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

   
  第20回DR(ディジタルラジオグラフィ)セミナー
開催日時 2019年12月7日(土) 9:30~18:00(予定),8日(日) 9:30~13:00
会場 群馬パース大学(〒370-0006 群馬県高崎市問屋町1-7-1)
定員 30名
参加費 会員 9,000円 (ただし画像部会員 7,000円) 非会員 18,000円
内容 1日目:総論,入出力特性(講義・演習),MTF(講義・演習),NNPS(講義),画像取得方法に関する動画解説
2日目:NNPS(演習),DQE(講義・演習)など
 なお,演習はご自身のノートPCで解析を行っていただきます.※テキストとして,放射線技術学スキルUPシリーズ「標準 ディジタルX線画像計測」オーム社出版 日本放射線技術学会監修 市川勝弘,石田隆行 共編(定価5,400円)を使用します.事前に各自で購入して持参してください.
講師(予定) 東出 了(画像部会委員,鈴鹿医療科学大学),柳田 智(画像部会委員,つくば国際大学),小野寺 崇(画像部会委員,東北大学病院),由地 良太郎(画像部会委員,東海大学医学部付属八王子病院)
申込方法 会員システム『RacNe(ラクネ)』にログインしてお申し込みください.
非会員でもご利用いただけます.はじめに,申込の手順をご一読ください.
※申し込み後に登録確認メールを受信できない場合や,申し込み締め切り後に受講の可否について連絡がない場合は,お問い合わせください.
※メールが届かない場合,迷惑メールフォルダに入っていないかご確認ください.
申込期間 2019年9月17日(火)~11月15日(金)18:00
申込者多数の場合,会員・非会員,地域,施設を考慮し選考します.また,期間内でも締め切る場合があります.なお,申込みは,学会会員登録システムで参加費を前納した時点で確定します.)
注意事項 12インチ以上の画面があるノートパソコンを持参してください(OSはWindows 7,Windows 8,Windows10でメモリは512MB以上必須).ハードディスクの空き容量は2GB程度必要です.事前に”Image J”と”Excel”をインストールしておいてください.詳細は申し込み後にメールにて連絡します.
問合せ先 鈴鹿医療科学大学 東出 了
raryo@suzuka-u.ac.jp