ROCセミナー

第11回ROCセミナー in 関東・東京支部合同研究発表大会2018
~ セミナーと研究発表大会,一緒に参加・受講して一挙両得!~

教育委員会,画像部会,関東支部,東京支部

 会員の皆様の利便を考慮して,第11回ROCセミナーは,ソニックシティで2018年12月に開催される関東・東京支部合同研究発表大会2018中のプログラムと,大会終了後のセミナープログラムで参加が可能となるように企画しました.このセミナーでは,receiver operating characteristic (ROC),および,free-response ROC (FROC) 解析に加えて,被ばく線量の最適化評価に有用な一対比較法の観察者実験について,講義と演習を通して習得することが可能です.また,今年度からは,新たに開発した観察者実験用のソフトウエアとその実験に必要な画像データも配布します.世界中でも,本学会の画像部会でしか実施していない,このROCセミナーに,受講料もお得なこの機会を利用して,ぜひ,ご参加ください.

第11回ROC セミナー
開催日時 2018年12月15日(土) 13:30~16:00(大会プログラム)
2018年12月16日(日) 13:00~15:30(セミナープログラム)
会場 ソニックシティビル 5F
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
定員 30名(セミナープログラム,ソフト配布あり)
参加費 会員3,000円(ただし画像部会員2,000円),非会員6,000円

*受講に際しては,関東・東京支部合同研究発表大会2018の参加登録が別途必要です(当日,または事前登録).詳細については関東支部・東京支部のHPをご参照ください.

参加登録費:会員(事前登録)4,000円 (当日登録)5,000円

非会員 (当日登録のみ)6,000円

学生会員 無料 / 学生非会員 1,000円
内容 以下の講義/演習を予定しています.ROC Viewerと実験用のデータは当日配布予定です.
(1)両正規ROC解析の基礎(講義)(大会プログラム)
(2)手計算による連続確信度法ROC曲線作成(演習)(大会プログラム)
(3)LROC/FROC解析と観察者実験計画法(講義)(大会プログラム)
(4)専用ソフトウエアによる一対比較法を用いた観察者実験(講義・演習)(セミナープログラム)
(5)ROC解析用ソフトウエアを用いたROC実験と統計的有意差検定(演習)(セミナープログラム)
(6)ROC解析用ソフトウエアを用いたFROC実験と統計的有意差検定(演習)(セミナープログラム)
講師(予定) 白石順二(画像部会長,熊本大学),福岡大輔(画像部会委員,岐阜大学),田中利恵(画像部会委員,金沢大学)
申込方法 会員システム『RacNe(ラクネ)』にログインしてお申し込みください.
非会員でもご利用いただけます.
はじめに,申込の手順 https://www.jsrt.or.jp/data/seminar-entry/ をご一読ください.
※E-mailアドレスは,必ず連絡可能で添付文書が受取れるアドレスを正確にご登録ください(携帯は除く).
※セミナー当日までの連絡は全てメールで行います.メールが届かない場合,迷惑メールフォルダに入っていないかご確認ください.
※申込み後,自動返信メールが届かない場合はお問い合わせください.
※申込み締切後,受講の可否についてメールが届かない場合はお問い合わせください.
申込期間 2018年10月1日(月)~ 11月23日(金)18:00
(申込者多数の場合,会員・非会員,地域,施設を考慮し選考します.また,申し込み期限前でも締め切る場合があります.)
注意事項 12インチ以上の画面があるノートパソコンを持参してください(OSはWindows7,Windows8,Windows10 メモリは1GB以上必須).ハードディスクの空き容量は4GB程度必要です.事前に“Image J”と“Excel”をインストールしておいてください.詳細は申し込み後にメールにて連絡します.